がん治療が始まるまでにやっておくべきこと

あまり知られていませんが、がん治療を行うとさまざまな口腔内の合併症が発症します。
味覚障害が代表的ですが、ドライマウスや口腔粘膜炎なども発症することが珍しくありません。
これらの合併症によって、がん治療に支障をきたすこともあります。
虫歯や歯周病などがあると、合併症が発症するリスクが高まるので注意しましょう。
口腔内の病気を抱えている人は、医師の指示に従い、がん治療が始まるまでに治療しておくようにすることです。
口腔内の病気がない人は、ある人に比べて合併症の発症リスクが格段に低いと言われています。
また、糖尿病の人は手術前に血糖コントロールをしておかなければなりません。
血糖値が高いと、免疫機能が働きにくくなります。
術後の回復も遅れるので徹底しましょう。
入院するまでは、自分でやらなければいけません。
血糖コントロールの知識は身につけておきたいです。
書籍やインターネットなどを駆使してきちんと勉強しましょう。